事業内容

盲導犬健康管理推進事業事業開始 平成16年4月

盲導犬健康管理推進事業

概要

身体障害者補助犬は、身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第22条の規定により、 獣医師による予防接種及び検診等衛生の確保が義務づけられました。

本会では、身体障害者補助犬の衛生確保のために必要な健康診断及び予防接種等を行い、 公衆衛生上の危害発生の防止を図るため、平成16年4月より盲導犬健康管理推進事業として 徳島県下で活動する盲導犬の健康診断等を無料で行っています。

なお、本事業には日本全薬工業株式会社、共立製薬株式会社によりご賛同・ご協力をいただいています。

対象犬

徳島県下で活動する盲導犬

健康診断等の内容

  1. 健康診断
    (1)問診 (2)視診 (3)触診 (4)打診 (5)聴診 (6)体温測定 (7)脈拍数・呼吸数の計測
    (8)尿検査 (9)糞便検査 (10)血液学的検査(任意項目) (11)血液生化学検査(任意項目)(12)その他の血液生化学検査
  2. 予防接種
    (1)犬レプトスピラ病ワクチン (2)犬パルボウィルス感染症ワクチン
  3. その他の疾病予防措置
    (1)犬糸状虫の予防 (2)ノミ・マダニの寄生予防等

健康診断等の頻度

1年に2回 ※項目によっては1年に1回

受診の方法

本会が指定する動物病院で受診してください。
また受診の際には「身体障害者補助犬の表示」を提示してください。

費用

無料です。ただし、上記【健康診断等の内容】以外の項目、往診については、別途必要となります。予め獣医師にご相談ください。

運営組織

運営組織図